秋田市対応の弊社加盟店のご紹介

リリーフ
何か大きなことをする前には、その下準備が必要なのは何事においても変わりません。それは、解体工事でも同様です。基本的に解体工事の前には見積もりが行われます。この見積もり額を抑えるためにできることがあります。それは、事前に家電製品やタンスなどの片付けることです。役所などに廃棄しに行ったり、不用品回収業者などに依頼しておくことで、家の中を片付けておきます。これを怠ったり、工事中に追加で処理をお願いすると、最終的な費用が高くなる恐れがあります。また、「掘り起こしたら、大量に廃棄物が埋まっていた」という場合も、ごく稀ですが存在します。この場合も別途請求されてしまうことが多いのです。このような「もしも」の場合も含めて、リリーフは細かく相談に乗ってくれます。解体工事の工費は様々な要因で決定してくるので、不明点があれば質問し、納得のいく費用で工事を進めてもらいましょう。
株式会社原堅
株式会社原堅は、秋田県の住宅を見つめてきた歴史ある会社です。皆様は、「アスベスト(石綿)」はご存じでしょうか。アスベストは安価でありながら、耐久性・耐熱性・耐薬品性などに優れた素材で、建築材としても利用されてきました。しかし長期間吸入してしまうと肺癌や肺線維症などのリスクが高まることもあり、20世紀後半から使用を制限されてきました。2005年にはアスベスト被害が大々的に取りざたされたこともあり、その危険性が知れ渡ることとなりました。しかし古い建築物には、今でもその建材にアスベストが眠っています。そしてこれらは、解体工事の際に周囲に飛散してしまう恐れもあるのです。株式会社原堅は建築物の解体はもちろん、アスベスト除去のノウハウもあります。アスベストの使用などが心配でしたら、彼らが力になり、その被害を広げ無いよう尽力してくれるでしょう。
秋田の便利屋株式会社ビジョン
一口に解体工事といっても、その種類はいくつかあります。多くの人がイメージする解体工事は、建物を丸ごと解体してしまう工事でしょう。一方で、リフォームのために一部分だけ解体を行う解体工事もあります。その大きな違いとして、「養生」の程度が考えられます。ここでいう「養生」とは、工事中の破損を阻止する手当のことを言います。全て壊してしまう解体工事とは違い、リフォームは残しておかなければならない部分が多いため、この作業が重要になります。さらにリフォームの場合、施主が住み込みながらの作業となる場合が多いので、埃や粉塵などの配慮はより一層気を配らない要素になります。秋田の便利屋株式会社ビジョンは、解体工事とリフォームの知識を併せ持っています。リフォームのための一部解体工事は、そこに住む家族と解体業者との互いの理解が必要です。幅広い業務を経験してきた彼らは、あなたの不安にきっと応えてくれることでしょう。
について

秋田市の空家数は?解体工事の重要性について

秋田市の空き家数は約21500軒となっており、全国平均から見ても低い数字です。秋田市は持ち家所有率も高く、若者の流出も少ない事から、家族が一緒に暮らす傾向が強い事が分かります。けれども地域には高齢化が進んでいます。そのため家主がいなくなった空き家も目立つエリアがあります。家主がいなくなった住宅は持ち主の許可があれば取り壊しができますが、住宅保存を希望する場合も多く解体工事が進まないのが現状です。空き家をそのままの状態にしておくと、老朽化や災害の二次被害により様々な問題が発生します。どんなに綺麗な状態であっても、家主がいなくなる事で住宅は劣化します。風通しが悪くなる事で室内はカビや湿気がはびこり、日光が入らない事で木が傷みます。これは壁や屋根にも影響を与えるため、建物全体が脆弱になります。そして害獣や人間による被害も発生します。不在の住宅内で巣を作られると一気に劣化します。巣を作るために木材や畳を利用しようと引き剥がすからです。また基礎に入り込み荒れ放題にします。これにより柱も床もボロボロの状態になります。シロアリや蜂は目に見えにくいですが、屋根や基礎に入り込み住宅構造を弱らせます。木をボソボソの状態にするため、住宅としての機能を低下させます。そして人間は不法侵入を行い、地域の安全を脅かします。空き巣や強盗が入り、金品を勝手に持ち出すため、犯罪率は一気に上がります。また積雪が多い秋田市では雪による問題も発生します。秋田市は屋根の雪下ろしが必要な地域ですが、空き家の雪をそのまま放置すると、雪の重みで家が倒壊します。倒壊すると周辺道路をふさぎ近隣住宅を破壊する可能性があります。空き家にするとこの様な状態を招くため、早期に解決する必要があります。解体工事を行う事で問題は取り除けます。解体工事は内容によって料金が異なるため、見積りをとり慎重に見極める事が大切です。解体工事を行えば地域の問題も少しずつ改善されていくので、放置している空き家がある場合には、いちど業者に相談されることをオススメいたします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-701-051

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-701-051

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-701-051
  • 解体工事110番とは
  • 無料メール相談窓口へ