鳥取市対応の弊社加盟店のご紹介

について

鳥取市の空家数は?解体工事の重要性について

鳥取市には空き家が13370件あると言われています。少子高齢化や、建物に対する固定資産税の軽減措置などの影響もあり、空き家は年々増えてきています。国や地方自治体はこれを懸念し、軽減措置の見直しや、解体費用に対する助成金などの施策を通じて空き家の解体を推奨する流れを作っていますが、止まらない少子高齢化もあり、現時点ではまだなかなか進んでいないという現状もあるようです。空き家を管理している人にとっては解体する事を推奨する流れになっているのですが、既存の建物の再利用や家賃収入が入ってくる可能性がなきにしもあらずな中で、なかなか踏ん切りが付けづらいものでもあります。しかし、なるべくなら解体を行っておいた方が良いものです。なぜかというと空き家が周囲に与える悪影響です。空き家というのは基本的に長期間放置されるものです。そのため敷地内の草は伸びっぱなし、建物はどんどん老朽化していき最終的には廃墟のようになっていきます。こういった事が進むに連れて、不良のたまり場になったりするため、治安の悪化が進むことに繋がります。また放置された樹木などは道路に突き出し、近隣の住民に邪魔なものになっていきます。また、地域によっては害獣が増えてしまったり、子供が空き家で遊んでいて危険な目にあったりする事もあるのです。さらに、老朽化に伴い様々な箇所にガタがきた建物というのは非常に危険なものである事を認識すべきです。傷みきった建物は、例えば地震や大雨、台風、突風、豪雪などにより倒壊の危険性が出てきます。それらは当然、近隣の住民の方にとって脅威となり得ます。突風により瓦屋根や傷んだ建材が飛んで、もしそれが通行人に当たってしまったり、近隣の住宅を傷つけてしまったりしたら治療費や補修費を支払う事態に陥るかもしれません。そういった甚大な被害が出てからでは目も当てられません。そのような危険性をはらんでいる空き家はなるべくなら早いうちに解体しておくほうが良いという事です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-701-051

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-701-051

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-701-051
  • 解体工事110番とは
  • 無料メール相談窓口へ